無利息期間を延ばすために借り換えをしてたら、今度はおまとめの審査にドキドキすることになってしまうかも

消費者金融の融資には、「無利息期間」が設けてある場合があります。

代表的なのは、プロミス、ノーローン、レイク(レイクは厳密に言うと、現在「新生銀行カードローン」だけどね)。

それぞれ、無利息期間の条件の違いがあります。レイクは初回利用5万円までだったら、180日間まで無利息というのが選べますが、10万円を借りたとしたら、30日間全額無利息か、10万円のうち5万円分だけ無利息か、ということになります。

それを約2ヵ月半後まで、無利息で借りられる裏技というのをサイトで紹介しているのを見つけました。あくまで、その期日までに一括返済できることが条件です。

ノーローンで10万円借りる→7日後、レイクで10万円借り入れ、ノーローンを一括返済→その30日後、再びノーローンから借り入れ、レイクの分を一括返済→その7日後、プロミスから借り入れ、ノーローンの分を一括返済→その30日後、ノーローンから借り入れ、プロミスの分を一括返済→7日以内に、ノーローンの分を返済、という手順。

こうすれば約2ヵ月半借りていても、無利息で10万円だけ返済すればいいってわけ。

しかし、これはかなり危ない橋のような気がする。もし、レイクやプロミスがすぐに融資してくれなかったら? 完済しているからその辺は評価されるだろうけど、こんな短期間に複数の借り入れ先で借りようとしていたら、あやしまれてストップがかかりそうです。そうなると、あっという間に資金繰りが滞り、利息が発生。

もしうまくいったとしても、複数の借り入れ先を抱えることで、多重債務になる危険もあるのでは。そうなったら、今度はおまとめの審査にドキドキするということになりかねません。

無利息で借りるためにこんなに手間をかけることができる人なら、そこへ至る前に対策を練れそうな気がする。